クイズ☆スター名鑑 #6

フィギュアスケートの季節になりましたね。

私はとんと興味がないんですが、父と母が見たがるので、多数決的にフィギュア2票・スター名鑑1票でどうしても生で見ることができませんでした。

というわけで、今は一人寂しく録画を見ながら感想文を書いています。

今回は、スター名鑑では初の、「スタジオがない」企画(アナタの記憶スタジオは別として…)。

ギリギリ有名人が逃走中

本家の放送がまばらになってきたタイミングで、この企画が復活するとは思っていなかった。

オープニングデモが今の逃走中に似せたものに変わっていました。よく見たら「Run For Money」の頭文字ではなく、「Run Girigiri Yumeijin」になってました。何処に気合を入れているんだ。

お馴染みのダミー、今回は鞄の中に入ってるエスパーさん風、痩せスギちゃん・松浦ほよよ(ほぼほぼ素人枠なのでノーカウント)、セカイノオワリ、コラおじさんなど個性豊かでした。トランプマンがいなかったのは、先週本人が出演してたからなんでしょうね。

個人的に驚いたギリギリ有名人No.1はヘリョンさん。一時期なぜかSASUKEやKUNOICHIにも出てましたね。昔も妃羽理さんとか出てましたが、ギリギリSASUKE人枠でもあるんでしょうか。

演出で笑ったのがたこ焼き大食いの人(名前は忘れた)。

ショックを受けたのが城崎仁。(ずっと「じょうさき」だと思っていた)

あと、総合的に吉村が面白かった。ノブシコブシ、もっとこれ系の番組に出て、フジモンとケンカしてくれたらいいのに。

クイズ☆アナタの記憶

タレント名鑑が墓場に入っていたころ、単発番組として放送されていた企画が復活しました。小峠も「スター名鑑なんですか?」というレベルのセットチェンジ。

そういえば…あの頃は「単発番組を重ねていって、いつかタレント名鑑を復活させる」みたいなことを言ってましたね…。ほんとにそうなるなんて思ってもいなかった…。数字は奮ってないらしいけど…。

小峠げんえもんが全体的に面白かった。本人の回答文字が卒業文春の文字から変わってないのがシュールですね。

サンダーライガーさんの登場自体も、スター名鑑では初めて。(さらに言えば、藤井Pがサンダーライガーを発掘したのはテベコンヒーロが初なので、タレント名鑑から数えても初めて。)

二人目の回答者・オードリーに関しては、前回出題した問題に関連した問題も出されていて、メチャクチャでした(ほめ言葉)。

春日が中学生のころはあこがれの人だったというライガーさん。今はぶっ叩かれるほどの中になったんですね。良い話。

これで年内の放送は終了っぽいですが、関連番組の「クイズ☆正解は一年後」が年末に放映されることが決まっています。数字だの上杉●×だので話題沸騰のスター名鑑ですが、来年もまた楽しく続いてくれることを心から願っています。あと山田勝己が福男に挑戦しませんように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。