アイしてた

アイというゲームです。

サービス開始当初からぶらぶらプレイしていましたが、残念ながら、明後日(7/14)を持ってサービス終了になることが決定されました。

ケモノゲーは福岡の某ゲーム会社がしょっちゅう爆死してるように「売れない」と言われることが多いそうですが、このゲームもその流れを覆すことはできませんでした。

ちなみに僕はサービス開始時に240円支払ったものの、意外と進まないメインストーリーに途中で挫折してしばらく放置してました。ごめんなさい。

サービス終了に合わせて、「オーブ」という課金アイテムが無料で100000個配布されました。これはなかなか他では無かったサービスな気がします。おかげさまで進まなかったメインストーリーをものすごい勢いで進めることができました。オーブフォカッチャやらオーブのソテーやらをずっと食べる羽目になった島民の健康状態が危ぶまれます。

しかしメインストーリーはしり切れとんぼでした…。

バージョン1.2で追加されたらしい後半のストーリーは結構面白かったんですが、マット君とかが出てきてストーリーが動き出しそうになった途端に終了してます。公式サイトに載っているキャラクターの一部や、ストーリー序盤にちょっとだけ顔見せしたキャラクターなんかも、正式に登場する前に止まってしまっています。

もっと謎解きがしたかったとか思うところはたくさんありますが、メインストーリーの進め方(だいたいお使いだった)も含めてもう少し工夫があればユーザーを飽きさせなかった気はします。(※個人の感想です)

あとイケメンなマット君がChapter35くらいからメインキャラとして出てきてればもっと課金したかもしれないのに。

このゲームにはクエストをこなすことでキャラクターとの好感度が上がるというシステムがあります。せっかくなので、あと2日間で出来るだけ色んなキャラと愛を育もうと思います。(マット君の好感度メーターは途中までしか実装されていませんでした、運営仕事しろ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。