【Unity3d?】小学生級のプログラミングスキルでオルゴールを回した【SASUKE2016】

SASUKE 2016

SASUKE2016、いよいよ放送まであと3日です。

7月3日(日)夜18:30より、TBS系列にて放送!!

まだ懲りずにPRします。


昨日タイファイターの記事を公開しました。

もしもその記事の画像や動画を見て、

オルゴール回ってない?」と気付いてくれた方がいたら幸いです。

はい、回してみました

タイファイターの動画を作っていた時に、「挑戦者視点なら次のエリアもないと締まりが悪いな…」と思い立ち、とりあえず前にどっかのファンサイトで作ったモデルを引っ張り出して、設置しました。

スクリーンショット 2016-06-30 0.36.16

こんなかんじです。

それで、せっかく設置したなら回してみようと思って、ちょっとプログラムを書いてみました。↓

スクリーンショット 2016-06-30 0.49.45

たったこれだけです

これだけで3Dモデルが生き生きと動き出すんです。Unityという開発環境がいかにパワフルかご理解いただけるでしょうか。

回してみたらそこそこ禍々しい感じになりましたので、一応こっちも動画にしました。

もともとエリアの抜けを埋めるために無理に設置したものなので、回転が速いとか、上の金属板がないとか、池もないとか、ダブルペンダラムがないとかの苦情はお断りします

派手に動くわけでもなく回ってるだけの動画に需要ってあるんですかね?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。