乱読のセレンディピティ

就職を控え、残りの大学生活をなるべく有意義に使おうと思い立ちました。
まずは社会人にふさわしい教養を身につけるため、本を読もうかと思いました。

とりあえず本屋で手に取ったのが「乱読のセレンディピティ」。

著者は「思考の整理学」の外山滋比古さん。
ちなみに私は大学一年の時に「思考の整理学」を購入し途中で投げた経験があります。
しかしこの本は読みやすかったです。書き方の違いなのか、大学での5年間を通じて僕がかしこくなったのか、単行本だから文字が大きくて見やすいからなのか。

「セレンディピティ」とは、英語でいう「偶然」などの意味を持ちます。
文中で紹介されていますが、

あらすじ

FEMとのセレンディピティ

ひとこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。