「お台場マッスルパーク」の面影(デックス東京ビーチ アイランドモール5F)

SASUKE 2016

今年もSASUKEの季節がやってきました。

最新・第32回大会は、今週日曜日。

7月3日(日)よる18:30~TBS系列にて放送です。

是非生で見てください。口コミで視聴率を上げてください。番組を存続させてください。はい。

というわけで、今日はSASUKE関連の日記を書きます。


お台場マッスルパークと聞いてピンと来る人がどのくらいいるかは分かりませんが、僕にとってはとても思い入れの大きいテーマパークです。
はじめに言っておきますが、一昨年あった「SASUKE PARK in 豊洲」とは無関係です。

今現在番組を制作している会社とも関係ありません。ご承知おきを。

時は2006年、「SASUKE」の制作会社(当時)でもあったM○nster9の社長こと樋□潮さんのプロデュースのもと、SASUKEや筋肉番付などの番組で用いられた人気アトラクションを再現した屋内型スポーツテーマパークとしてお台場デックス東京ビーチに開園したのが「マッスルパーク」です。
特にSASUKEを目指す人たちにとって「SASUKEパーク」は登竜門的存在であり、現在のSASUKEで活躍する人たちもよくここで練習していたのではと思います。

そのマッスルパークは2010年に惜しまれつつ閉園。

しばらくは別のテナントも入らず、多分施設も放置されっぱなしだったのではと思ってましたが…。


ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅から歩いてくると、このような建物が見えてきます。

デックス東京ビーチという名前で、正面が「アイランドモール」、右奥に見えるのが「シーサイドモール」です。

当時はここの5階に施設がありました。

現在はどうかと、マップを見てみますと…。

ショッピング」とだけ、アバウトに書かれています。一応後続のテナントは入ったのでしょうか。

5階に登ってみると、スポーツショップが絶賛営業中でした。

当たり前ですが、施設は全部撤去され、すっかり面影も無くなってしまいましたね。

そんな中、当時マッスルパークに通いづめだった筋肉バカマニアにしか分からない、往時をほうふつとさせる痕跡が一個だけありました。

それがこちら。↓

おわかりになりましたか?

スポーツショップの一角にある空調機の外板が、ベコンベコンの傷だらけになっています。

「何だそれ?」と思われるでしょうが、これは「SASUKEパーク」の1エリアである「アームリング」が設置されていた痕跡です。

「アームリング」というのは、曲がった鉄パイプに引っかかったリングにぶら下がって、リングを滑らせながら知恵の輪のように段差を超えて進むというエリアです。詳しく知りたいという方は、誰かさんが作ったSASUKEファンサイトでも見て下さい。

で、そのアームリングを屋内で再現した結果がこんな感じでした。↓

アームリング(2009年頃)

空調ギリギリにレールを設置した結果、レール上をリングが通過する際に空調機に当たってしまい、ボコボコに傷がついてしまったのです。

写真を見ると分かるように、空調機の端から50cm位の場所にレールの終端があり、挑戦者はそこからゴール地点のマットまで跳び移らなければいけない、というギミックがありました。

そのため、レールと空調が重なる端から50cm位の部分だけに傷が集中しているのが、現在の写真を見ても分かると思います。

懐かしさと共に、たぶんビル施設の空調に散々傷をつけて放置していったモ○スター9ってやっぱりクソ会社だったんだなあと言う思いで胸がいっぱいになりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。