同性婚

http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ2L35G5J2LPLFA001.html

パナソニックが社員の同性婚を認める方向で動いています。
要は同性間でのカップルを「配偶者」として認めることで、就業規則の中で配偶者に関して得られる休暇(慶弔、介護とか)が認められるようになるということだそうです。性的に少数者であるLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)に対しての配慮です。

これは日本企業ではかなり珍しいことだそうです。ideas for lifeとはこのことなのですね。目の付け所がパナソニックですね。
注目すべきはパナソニックという大きな企業がこのような処置をとったということです。

日本は集団心理に弱い国ですから、今後別の企業でもこういった施策が次々に取られるようになるでしょう。

もちろんそれ自体は良いことだと思いますが、問題はどこで歯止めをかけるか。

つまり、「同性婚が認められるなら○○○だって…」という風に、際限なしに『例外』が設けられてしまうのではないかという不安はあります。
「AKBの○○が恋人です!」と主張する人がいるかもしれません。

「二次元嫁と結婚します」もあり得ます。

「うちの可愛いワンちゃんが…」という人もいるでしょう。

ルカリオと結婚したい、舐めたい」も考えられなくはないです。(ぼくではない)
冗談はさておき、多様化することは素晴らしいことですが、それが今後どのように扱われていくのかは慎重に考える必要がありそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。