PS4購入大計画(大嘘)

いちおう就活生なので、先日ある企業のインターンシップに参加してきました。
参加前日になって、賠償保険に加入することが必須条件であることに気がつきました。(※企業から来たメールはよく読みましょう。)
私がとっさに取った行動はと言いますと、

  1. 賠償保険の加入手続きを調べる
  2. 資料請求などを含め一週間以上かかるらしい
  3. てことは明日からのインターンシップに間に合わない
  4. つまり多分明日はめちゃくそに怒られるか、お引き取り願われるか、あるいはその両方に違いない。
  5. ということは明日の夜は自責の念で死に体に違いない
  6. ということは、明日の夜の着付け薬を今のうちに準備する必要がある
  7. PS4を買おう!(論理の飛躍)

ちゅーわけでプレイステーションの最新機種を楽天市場でポチりました。
さて、結局賠償保険は学校の生協で当日申し込みができたので、怒られることも心証が悪くなることもなく、無事インターンを終えることができました。

後に残ったのは3万5000円のPS4ですね。
ゲームというものはソフトがないと遊べません。

とりあえず周りに流されるのが好きな私は、随所で面白いと評判のfallout4を買ってみました。(このブログの登場人物は全員18歳以上です)

プレイ。

ものすごい画質。そしてそれを処理する速度もすさまじい。

おおっ、面白い…

面白いです。確かに面白いんですが、今までマリオとポケモンしかやらずに生きてきた人間には荷が重すぎます。目が痛い。
そもそも、地面からモグラが出てきただけでびっくりしてコントローラーを落としかけるような人種(僕のことです)がプレイするゲームじゃないのかもしれないです。

慣れればきっとより一層楽しめるはず…しかし、本当に慣れるのだろうか…。
そして、幾つかの教訓を得ました。

  • PS4の処理能力は非常に高い。ただしプレイヤーの処理能力がケシカス程度の場合あまり意味をなさない
  • 洋ゲーは×が決定、○が選択である。プレイヤーの処理能力がケシカス程度の場合いつまでたっても押し間違え続ける
  • 3万5000円+ソフト7000円は、正月返上で働いたお給料と大体一致する
  • 繰り返すが、企業から来たメールはよく読むべきである。
  • インターンシップに行く場合、行き先をしっかり考える必要がある。(参加できたのはいいとして、ぜんぜん面白くなかったのだ)
  • インターンに失敗したくらいでPS4を買っていたら多分この先部屋がガジェットで溢れてもおかしくない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。