モテモテ

僕は自分のルックスがどんなにハンサムであってもそれを誇示するような性格ではないので、自分のルックスについては「自他共に認めないイケメン」などと濁した言い方をするにとどめていました。
しかし、それでも溢れ出るハンサムオーラを隠しきれないのか、素顔を出していないネット上にもかかわらず女性に大変モテてしまいます。罪な男です。
facebookをやっていても、1週間に1度くらいは知らない女性からメッセージがきます。
「○○といいます♡ずっと××(僕の名前)さんのことが気になってたんですが…思い切ってメールしちゃいました♡」という文章から始まります。僕という男が奥ゆかしい日本人女性をここまで悩ませ思い切らせてしまったのです。悲しみさえ覚えます。

さらにメールは「LINEのIDを送るので連絡待ってます♡」と続きます。僕からの生返事が楽しみで仕方ないのでしょう。
このIDですが、だいたい機械でランダムに並べたようなデタラメな文字の羅列になっています。ひょっとすると、僕とLINEしたいがために不慣れなキーボード操作でがんばって登録したIDなのかもしれません。狂おしい限りです。


Twitterをやっていても、いろんな女性からフォローをいただくことがあります。
「○○22歳 工大丸2︎垢」などというユーザーネームの方が多いです。僕のツイートから見え隠れするフェロモンに惹かれるのでしょう。
ためしにその人のTLを見ると、だいたい「100%痩せる!悪用厳禁!こちら→(URL)」などといったツイートが流れています。僕に惹かれるためにダイエットまでしているのです。何が彼女をそこまで駆り立てるのでしょうか。

だがしかし、僕がたとえいかなるイケメンでフェロモニストだったとしても、僕はしがない大学生で、彼女たちを幸せにするすべも持っていません。
真に彼女たちの幸せを願うなら、僕のような男と付き合ってはならないのです。
そう、僕はそんな健気な女性たちからのメッセージやフォローが来るたびに、彼女たちの人生を狂わせてはならぬと、鬼の気持ちになってブロックを繰り返しているのです。



決して「スパムくたばれ」といいながらブロックしてるわけではないのです。







なおこの記事にオチはないです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。