バケモノの子展

9BEBC91D-26C5-4B77-A19F-686DBF5A489C.jpg
研究室がフレックス制であることをいいことに平日のど昼間に行ってきました。
バケモノの子展といいますが、細田監督の過去作(時をかける少女、サマーウォーズ、おおかみこどもの雨と雪)も含めた各作品に関する展示を行っていました。
様々なモニュメントが並んでいたわけですが、個人的に印象に残ったのはこれまでの作品の絵コンテです。
登場人物の表情の僅かな変化から背景の細かい物品まで1シーンごとにあまりにも細かい設定がされていました。
うろ覚えですが
「決意に満ちた表情」
「少し口角を上げて」
「笑顔ですが歯は見せないようにお願いします」
「紅茶カップで」
​少年の色っぽさを演出して下さい​」(細田監督がショタコンと言われる所以)
みたいなのがあった気がします。(もっとよく見ておけば良かった)
それらの指示を組み込み、最もよく表現できるように、時にはCGも使って映像を完成させていく行程を見させて頂きました。
エンターテイメントかくあるべき、といったところでしょうか?
映画の物語が好きな人も楽しめますし、色々勉強にもなる展覧会でした。
0B99AB8B-E0E6-431C-9862-2FCA1CCA9791.png
最後はちゃんと貢いで帰りました。このフィギュア、なかなかバカにできないクオリティです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。