実験の日

今日は他大学の設備を借りて実験を行う日でした。
昼過ぎに自分の大学を出発し、目的の大学の最寄駅へ。
出がけにお昼を食べてはいたものの、小腹が空いていたし、5分ほど時間が余っていたため、たまたま駅前にあったマクドナルドに立ち寄りました。
ちょっとしか食べないつもりで、スマホアプリからポテトのクーポン(Lサイズ190円)を選択。
店員さんに確認してもらいました。

店員さん「ではお会計600円になります」


…????

​どうしてそんなにボラれたのかと戸惑う僕の前に出されたのは、ダブルチーズバーガーとポテトとチキンマックナゲットのバリューセット


そう、僕はクーポンを間違えていた。ポテトのクーポンのつもりで提出したのはダブルチーズバーガーのセットのクーポンだったのでした。

そういうわけで僕は5分の間にダブルチーズバーガーとポテトをそこまで空いていない胃に無理やり詰め込み、さすがに食べられなかったチキンナゲットを鞄に放り込んで大学へとダッシュしたのでした。なんと無駄なのか。


胃が痛くてイマイチ気分のすぐれないまま、14時30分に実験開始。
材料工学を専攻している私の今回の実験内容は、金属の単軸引張試験を行って応力ひずみ関係の実験値を得る、というもの。
ついでに教授から、別の研究に使う他の材料の引張試験もやってくれと言われました。
まあ手際よくやれば夕方には終わるかなあ。








22時47分までかかりました。

教授に頼まれた試験片の数があまりに膨大すぎて全然はかどらなかった…。
実験内容は簡単ですが、常にモニターの数字を見ていないといけないので下手にサボることもできやしない。
化学系ならともかくとして材料工学で8時間も拘束されるとは思いませんでした。甘かった。


外はすっかり夜。
誰もいない駅舎で、冷えて固くなったチキンナゲットを頬張りながら、明日も頑張ろうと思いました。
おしまい。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。