ポケダン進捗報告

調布市議のダンジョンの発売から1ヶ月くらいが経ちました。

ルカリオ大好きな私ですが、ポケモン診断の結果は幸運にもリオルでした(リセマラはしなかった…と思う​)。
相方はフォッコにしました。理由はフォッコに対して神秘的で美しいという印象を持っていたからです。​今回の相方が問題児であることを知らなかったのです。
​思い返せば、∞大迷宮のときの相方(私の場合ツタージャ)​はストーリー開始直後からやたら​意識高い系​だった覚えがある​(パートナーが​土地を買う​ところから始まるRPGってすごくないですか)ので、その反動で今回の相方が​問題児​になったのかもしれません。
まあ現実世界で研究室がフレックスタイム制であることをいいことに授業や輪講がなければ​昼まで寝てることもある私は​フォッコ以上の問題児​なわけで、そう考えると問題児同志仲良くなるのは当然のこととも言えます。
意気投合した2人のチーム名は​FLEX​に決定しました。フォッコ(F)とリオル(L)がこれから大きな物語を体験(EXperience)するという意味が込められている…というのは後付けで、本当の理由は上記のように問題児コンビの学校への通い方が​フレックスタイム制の研究室の学生によく似ていたからです。
さてそんな問題児コンビですが、街の住人の子供(名前は忘れた)を助けに行ったは良いものの代返を頼み忘れたがために出席不足で単位が貰えなくなりかけたり(この時は校長に「​真実へ向かおうとする意志​」を尊重されて事なきを得た)、
水を掛けたらブタになるんじゃないかというくらい方向オンチのポケモン(名前は忘れた)を探しに行ってガチムチ3兄弟に襲われたりという経験を重ねながら、
気づいたら村を出て​大都会の一流企業に就職​していました。​現実世界でもこのくらい簡単に就職が決まれば良いのに。

​私は今のところ、水の都の護り主の兄妹が石化して、結晶塔の帝王がチョットだけ顔出ししたところまでしかプレイしてないのですが、これまでにも意味深な伏線のようなものがいくつか示されていた​(伏線と気づいたらその時点で伏線じゃない気もするけど)​ので、それが1本の線にどう繋がるのか楽しみです。
ところで現実世界で私のつながりオーブはちっとも他人とコネクトしないのですがこれはなぜでしょう?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。