カンロ_カンデミーナ手裏剣パニック

なんだかコーラグミの記事が結構検索されてるみたいで、あんな見切り発車の記事を見ていただいて大変申し訳ない気分でございます。
続けものというものは、第1回よりも第2回の方が緊張するものです。
最初の1回は新鮮さや勢いで何とかなることもありますが、2回目で幻滅して打ち切りになっちゃうこともよくあります。
というわけで、先月くらいに発売されたものの中々手にする機会がなかったあいつを買ってきました。
カンロのカンデミーナシリーズの最新作。5EC41B97-5BB2-4B80-B42F-0F4777844644.jpg
​手裏剣パニック​。
カンデミーナは独特の形状からくる食感を楽しむのが面白いところです。
オリジナル版だと​正弦波​みたいな形をしていましたが、今回は手裏剣型。
8BFB019C-CB45-4D38-9253-F514634EFF4C.jpg
…手裏剣というより、​λ型​に見えます…。
味バリエーションも意外とあるのですが、みかんサイダー、青リンゴサイダーに加え、​すももサイダー​というなかなかニッチジャンルな選択がされています。
その味チョイスからも分かるようにやや酸っぱさを強調した味で、グミ本体の味とすっぱいパウダーが上手く組み合わさって酸味が感じられるようになっています。
表面積が広いのも味を強く感じられる一因でしょうか。
また独特の形状のため、実際に食べている量よりも多く食べたような気分になります。ちなみに内容量は72g/170円で、決して少ないわけではありません。
グミ一つ一つを何回も噛んでゆっくり食べたいという方には、形状の変化のしやすさが少し面倒に感じるかも知れません。舌先の感触を楽しんだら噛んで飲み込むのが良いでしょう。
そういうわけで仕事や学業のお供として食べるよりも、休日のお菓子として楽しみながら食べる方が向いているのかと思います。
定性的ですが個人的に評価したスペックを記載します。おいしい/おいしくないの評価ではなく、あくまで製品の特徴について評価します。
甘さ:ふつう
酸っぱさ:高い(すっぱいパウダー付き)
固さ:固い(ただし形状変化が大きいので不思議な感触)
味の種類:3
g/円:標準

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。